> トップページ

> English

> 理学研究科・理学部

<< スタッフ一覧に戻る <<

菅原 仁  すがわら ひとし

博士(工学)、筑波大学、1995年

理学研究科教授

研究グループ: 物性実験グループ

研究室:理学部B棟1階120室

電話: 078-803-5642

電子メール:

研究内容

新しい物質の開発は科学技術に革新をもたらし、同時に基礎科学を発展させてきました。私の研究室では新奇な超伝導や磁性を示す強相関電子系物質の純良単結晶を育成し、電気抵抗、磁化、比熱等の基本物性測定や、ドハース・ファンアルフェン効果等の特色ある先端的な測定手段を用いてその電子状態の研究を行っています。

代表的な論文

  • Fermi surface of the Pr-based filled skutterudite compound PrOs4P12, H. Sugawara, Y. Iwahashi, K. Magishi, T. Saito, K. Koyama, H. Harima, D. Kikuchi, H. Sato, T. Endo, R. Settai, and Y. Onuki, Phys. Rev. B 79 (2009) p.035104.
  • de Haas-van Alphen Effect in LaFePO with Two-Dimensional Cylindrical Fermi Surfaces, H. Sugawara, R. Settai, Y. Doi, H. Muranaka, K. Katayama, H. Yamagami, and Y. Onuki, J. Phys. Soc. Jpn. 77 (2008) p.113711.
  • Transport properties in CeOs4Sb12:Possibility of the ground state being semiconducting, H. Sugawara, S. Osaki, M. Kobayashi, T. Namiki, S.R. Saha, Y. Aoki, and H. Sato, Phys. Rev. B 71 (2005) p.125127.
  • Fermi Surface of the Heavy-fermion Superconductor PrOs4Sb12, H. Sugawara, S. Osaki, S.R. Saha, Y. Aoki, H. Sato, Y. Inada, H. Shishido, R. Settai, Y. Onuki, H. Harima and K. Oikawa, Phys. Rev. B 66 (2002) p.220504(R).
  • Exotic Heavy-fermion State in the Filled Skutterudite PrFe4P12 uncovered by the de Haas-van Alphen Effect, H. Sugawara, T.D. Matsuda, K. Abe, Y. Aoki, H. Sato, S. Nojiri, Y. Inada, R. Settai and Y. Onuki, Phys. Rev. B 66 (2002) p.134411.

講義

  • 全学共通:物理学B1
  • 学部教育:電磁気学I・同演習、物理実験学II
  • 博士前期:物性論I、電子物性学
  • 博士後期:
  • その他:

last update 1 April 2015
〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1 神戸大学大学院理学研究科 物理学専攻・理学部 物理学科