> トップページ

> English

> 理学研究科・理学部

<< スタッフ一覧に戻る <<

野海 俊文 のうみ としふみ

博士(学術)、東京大学、2013年

理学研究科物理学専攻特命助教

研究グループ: 理論物理グループ

研究室: 理学部B棟2階226号室

電話&ファックス: 078-803-5683

電子メール:

個人ホームページ

研究内容

近年の観測技術の進展により、宇宙論の理解は急速に進んでいます。特に、インフレーション、暗黒物質、暗黒エネルギーのようなパラダイムが実験的に検証され、その現象論的性質が徐々にわかってきています。これらの現象の背後にある原理を解明することが今後の重要な課題ですが、その際に素粒子論や弦理論も含めた多角的視点が必要になると私は考えています。また逆に、宇宙観測から得られる実験データは素粒子論や弦理論など基礎理論を構築していく上での貴重な手掛かりであるとも言えます。宇宙論、素粒子論、弦理論の知見をもとに宇宙の成り立ちを解明し、自然界を記述する基礎理論を探求することが私の研究の主な興味です。

最近の研究では特に、宇宙初期の加速度膨張であるインフレーションに着目しています。インフレーションを用いてミクロスケールにおける重力や素粒子の性質を明らかにすること、素粒子論や弦理論の進展をベースに宇宙論の基礎付けとなる理論的枠組みを整備することを目指しています。

代表的な論文

  • Y. Hidaka, T. Noumi and G. Shiu, "Effective field theory for spacetime symmetry breaking", Phys. Rev. D 92 (2015) 045020.
  • Y. Iimori, T. Noumi, Y. Okawa and S. Torii, "From the Berkovits formulation to the Witten formulation in open superstring field theory", JHEP 1403 (2014) 044.
  • T. Noumi and M. Yamaguchi, "Primordial spectra from sudden turning trajectoryl", JCAP 1312 (2013) 038.
  • T. Noumi, M. Yamaguchi and D. Yokoyama, "Effective field theory approach to quasi-single field inflation and effects of heavy fields", JHEP 1306 (2013) 051.
  • T. Noumi and Y. Okawa, "Solutions from boundary condition changing operators in open superstring field theory", JHEP 1112 (2011) 034.

講義

  • 全学共通:電磁気学基礎1
  • 学部教育:
  • 博士前期:
  • 博士後期:
  • その他:

last update 11 Nov. 2016
〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1 神戸大学大学院理学研究科 物理学専攻・理学部 物理学科