> トップページ

> English

> 理学研究科・理学部

<< スタッフ一覧に戻る <<

前田 順平 まえだ じゅんぺい

博士 (理学)、東京工業大学、2009年

理学研究科物理学専攻講師

研究グループ: 素粒子実験グループ

研究室: 自然科学総合研究棟3号館323室

電話: 078-803-5639

電子メール:

研究内容

これまでドイツDESY研究所での電子陽子衝突実験ZEUSや、フランスで行われている原子炉ニュートリノ振動実験Double Chooz等、様々な素粒子実験に携わってき ました。

これからは欧州素粒子研究所CERNで行われている世界最高エネルギーの陽子衝突型加速器LHCを用いたATLAS実験にに参加します。特に神戸大学が担当してる ミューオントリガーの性能向上や保守に参加しつつ、散乱事象の研究を通して,新しい物理の発見に尽力したいと思います。

代表的な論文

  • H.Abramowicz et al. "Study of tau-pair production at HERA" JHEP 1102 (2011) 117.
  • J.Maeda "Online data acquisition and the control system for the Double Chooz experiment" Journal of Phys. Conf. Ser. 331 (2011) 022018.
  • Y.Abe et al. "Indication of Reactor anti-νe Disappearance in the Double Chooz Experiment" Phys. Rev. Lett. 108 (2012) 131801
  • Y.Abe et al. "First measurement of θ13 from delayed neutron capture on hydrogen in the Double Chooz experiment" Phys. Lett. B 723 (2013) 66-70

講義


last update 1 April 2015
〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1 神戸大学大学院理学研究科 物理学専攻・理学部 物理学科